カスタマイズ中です。表示がみだれる場合があります。

Local by FlywheelのインストールエラーとMissing hostsエラー対処方法

Photo on VisualHunt.com WordPress
Photo on VisualHunt.com

WordPressのローカル環境構築のために、Local by Flywheelをインストールしました。

WordPressローカル環境構築「Local by Flywheel」をインストールしてみた
これまでWORDPRESSのローカル環境としてInstant WordPressを使ってました。 ただ、少し動作が遅いのと全てのプラグインを試すことが出来ないこと。 また、複数の環境を混在させるのが、どうしても出来ませんでした。さらにい...

インストールの時のエラー対処と、サイト起動時のhostsエラーの問題点が二つでてきたので、その対処方法をメモしておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

インストール失敗に関するエラー対処

Local by Flywheelのイントールの途中で下図のような画面が出てきます。

VirtualBoxから始まって、ひとつずつ進んでいきます。

それぞれのインストールが完成すると緑のチェックマークがつきます。

 

わたしの場合、途中見てなかったら終わっていたのですが、どうやらインストールが上手く行ってなかったようです。

以下のようなエラーメッセージが画面上部に出ました。

waming!  Site containar is missing.  This site will be Inaccessible

サイトに必要なものが欠けてます。サイトは動かないよ~ と言われてますね。

 

一度削除する

インストールに必要なファイルが揃ってないので、再インストールするのが手っ取り早いです。

windows7の場合です。winodws10もあまり画面は変わらないのではないかと思います。持ってないのでわからないです。

コントールパネル→既定のプログラム→プログラムと機能→プログラムのアンインストールまたは変更

Local by Flywheelをクリックして削除します。

 

フォルダも削除

local-by-flywheelのフォルダも削除します。

私の環境では以下にありました。

赤字の所は、ログインしたユーザー名になるので読み替えて下さい。

C:\Users\12345\.docker\machine\machines\local-by-flywheel

これで、再度インストールしましたが、次にまたエラーが出ました。

 

スポンサーリンク

hostsファイルのエラーメッセージ

次のエラーメッセージは

Warming! Missing hosts entry. This site may be Inaccessible

hostsファイルが見当たらないから、サイトにアクセス出来ないと言われてます。

 

ローカルで作成されるアドレスは何か見てみました。

DATABASEをクリック

Remoate Hostをみるとアドレスは、192.168.93.100であることがわかります。

 

 

アドレスバーにこの数字を入力してリターンすると、不完全なサイトが表示されました。

画像をキャプッチャーしてなくてお見せは出来ません。パニックってました(笑)

どうやら、Local by Flywheelで作成したサイトのアドレスがwindowsに認識されていないようです。つまりhostsファイルにローカルアドレスの記載がないので、見当たらないと言っているようです。

 

hostsファイルを編集する

hostsファイルとは

インターネットが始まった1990年くらいには、このhostsファイルにサイトアドレスを書き込んでブラウザーを表示していました。

たとえばグーグルのアドレスは173.194.78.94 なので

hostsファイルに

173.194.78.94 google.co.jp/

と書き込んでやるわけです。サイトが増える毎にこのhostsファイルを書き変えていたのですが、サイトが増えてくるとそれも出来なくなりますよね。

そこで新しいくDNSという仕組みが出来ました。

詳しくは、下記サイトをご覧になって下さい。

hostsファイルとは

hostsファイルは、何十年も前に職場内でWINDOWS95PLUSのパーソナルウェブサーバーでLANを組んでいた時に、各PCにコピーしていたような記憶があります。それでなんとなく意味は知ってました

 

hostsファイルの場所は

hostsはテキスト形式のファイルで、それぞれのパソコンに必ずあります。
Windowsでは、普通、C:\Windows\System32\drivers\etc にあります。

 

編集するには

  1. 編集するために、デスクトップとかにコピーします。
  2. メモ帳か他のテキスト編集ソフトで開いて編集します。
  3. 普通に保存すると、hosts.txtのようにテキストファイルになってしまいます。
  4. 保存後にファイルを右クリックして名前の変更をクリック
  5. .txt を削除して hosts だけにしてやります。
  6. 編集したhostsファイルを元の場所にコピーします。
  7. windows7と10はC:\Windows\System32\drivers\etcにコピーです。

hostsファイル編集内容

元のhostsファイルの中身

は以下のようになります。

# Copyright (c) 1993-2009 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a ‘#’ symbol.
#
# For example:
#
# 102.54.94.97 rhino.acme.com # source server
# 38.25.63.10 x.acme.com # x client host

# localhost name resolution is handled within DNS itself.
# 127.0.0.1 localhost

#はコメント行になります。For exampleから以下に書き方の見本がありますね! 
追加する文字は
以下の文字をコピーして、hostsファイルの最後に付け加えます。
 
赤字になっている所は書き変えて下さい。
 
アドレスとドメインの間はスペースを開けて下さい!
 
ローカルサイトのアドレスはDATABASEをクリックするとわかります。
変更してなければ最初のアドレスは、192.168.95.100になると思います。
 
 
サイトドメイン名はSETE SETUPの中にあります。
 
hostsファイルは必ずバックアップを取っておいて下さい。不都合があったら元にもどせるようにしておいて下さい。 上記の内容からもわかるように、hostsファイルはスパイウェアなどに悪用されます。Windows7からはセキュリティ対策のためか、管理者権限でなければ編集できないようになっています。
 
スポンサーリンク

まとめ

私の場合には、二つのエラー対処でなんとかインストールと動作が可能になりました。

hostsファイルの書き換えをメモ帳でしたので、どうしても拡張子にtxtがついてました。これに気付かずに、中々エラーが解消されず数時間悩んでいました。

インストールは断然Instant WordPressが簡単です。これから使いこんでみて違いをまた検証してみたいと思います。

 

 

コメント