カスタマイズ中です。表示がみだれる場合があります。

CVSファイルをフリーソフトで見る方法 Cassava Editor

PC
Photo on VisualHunt.com

CVSファイルを開く時には、エクセルがあると簡単に開く事が出来ます。

ただ、パソコンに標準で入っている場合には良いのですが、ない場合に購入となると結構高額な値段となります。

CVSファイルを見るためだけならば、簡単に無料のソフトで見るのがて良いと思います。

今回は、無料フリーソフトのCassava Editorの紹介です。

 

スポンサーリンク

CVSファイルとは

そもそもCVSファイルって何?

CSVというは Comma Separated Valueの略となります。

頭のCとSとVでCVS

  • Comma(カンマ)
  • で Separated (区切った)
  • Value(値)

 

「カンマで値を区切ったもの」が入っているファイルです。ですから、カンマ区切りファイルともいいます。

 

実は、テキストファイルなのでWINDOWSのアクセサリに入っているメモ帳でも開いて見ることが出来ます。

こんな感じで、文字が「,」カンマで区切ってあるだけです。

 

ただ、沢山の文字があるとわからなくなります。

「,」によって、文字がつながっているだけなので、一度に表示されると何が何やらわからないですね。

 

CVSファイルは、異なるアプリケーションソフトでデータをやり取りする時に便利に使われるファイルなのです。色んなソフトで読みこんだり、吐き出したりして、必要なソフトで加工することが出来るので互換性の高いファイルとして結構使われています。

 

Cassava Editorのダウンロードから起動まで

無料で、使用できるフリーソフトを何個か試してみたのですが、このCassava Editorは見るだけも出来ますが、簡単な編集とかも出来ます。

エクセルで読みこんだ場合と違って、ホームページのアドレスの欄があると、直接表示してくれたりするのが便利です。最後に紹介しています。

 

まず、ダウンロードページに行きます。

Cassava Editor - あすかぜ・ねっと

 

ダウンロードという所をクリック。

 

ファイルを保存する(S) にチェックをつけて保存します。

 

私のパソコンの場合には、ダウンロードというフォルダに保存されます。

各時の環境で読み替えて下さい。

 

  1. ダウンロードしたZIPファイルを右クリックします。
  2. すべて展開をクリック。

 

  1. 圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開の画面になります。
  2. 展開するフォンダ先を変更してみます。
  3. 参照(R)をクリック

 

  1. デスクトップに変更
  2. OKをクリック

自分で任意のフォルダに展開されて結構です。

 

 

展開(E) をクリック

 

私のパソコンはボロボロなので、こんな画面で1分くらい待ちました。

がんばれ~ と、言った所です^^;

 

終わると、デスクトップのフォルダになると思います。

ご自身のデスクトップにCassavaというフォルダが出来ているはずです。

Cassavaを左クリックします。

 

Cassavaフォルダの中身の画面になります。

Cassava.exeを左クリックします。

 

セキュリティ警告画面が出ますが、実行をクリックして下さい。

 

Cassava Editorが起動しました!

毎回起動するのであれば、デスクトップにショートカットを作成しても良いですね。

 

Cassava Editorの使い方

さて、CVSファイルを実際に読みこんでみます。

読み込みは普通のソフトと同じ要領で行います。

  1. ファイル→
  2. 開く→
  3. CVSファイル選択
例としてもしもアフィリエイトの楽天の売上レポートを読みこんでみました。
列が重なっているので、わかりにくいですね。
エクセルと同じ操作で、列をキレイに表示してみましょう。

 

表の左角をクリックします。

そうすると全体のセルが全て選択されて青くなります。

 

 

表の見方の基本
  • 横が列になります。
  • 縦が行になります。

 

  1. 1列と2列の境目にマウスカーソルの先端を合わせます。
  2. 境目のマーク ←||→ が出たら、左ダブルクリックします。

 

こんな感じで、各列が見えるようになります。

全選択されてバックが青い場合には、どこかのセルを一つクリックして下さい。全選択が解除されます。

 

Cassava Editorの良い点

ホームページのアドレスが表示されている場合に、クリックするとブラウザでページを表示してくれます。

もしもアフィリエイトでの成果確認方法ならば、どの記事でクリック報酬が発生したか確認することが出来ますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

エクセルは持ってないのだけれども、CVSファイルの中身は知りたいと言う場合に便利なソフトの紹介をしました。

見るだけならば、無料のソフトで十分ですね。

軽くて起動も速いので良いと思います。

 

PC
スポンサーリンク
50netjobをフォローする
50代からのネット検証ブログ

コメント