Local by Flywheelの再インストール方法

ローカル環境のLocal by Flywheelは便利で良いのですが、動作しなくなると大変なソフトです。

Virtualboxがエラーで起動しなくなると、リスタートしても動いてくれません。

こちらで、紹介した方法でもダメな場合には再インストールしかありません。

Local by Flywheelが起動しないときに再起動するためのbatファイル作成方法
Local by Flywheelが起動しないときに再起動するためのbatファイル作成手順を紹介しています。

アンインストールが大変だったので、メモ記事作成です。

アンインストール方法

Local by Flywheelのサポートサイトをたよりに、色々と行いました。

試した方法その1

  1. コントールパネルのプログラムの削除からlocal by flywheelを削除
  2. コントールパネルのプログラムの削除からVirturl boxを削除
  3. 再起動後に残っているフォルダを削除
  4. C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Local by Flywheelのフォルダ削除
  5. C:\Users\ユーザー名\.dockerのフォルダ削除
  6. C:\Users\ユーザー名.VirtualBoxのフォルダ削除
  7. C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Local by Flywheelのフォルダ削除
  8. C:\Program Files\Oracleのフォルダ削除

試した方法その2

以下のサイトでvirtualboxのWinodws版をダウンロード

Download VirtualBox

インストールしてしておきます。

そして、Local by Flywheelをインストールします。

インストール結果は

ただ、インストールしていると以下のエラーで止まってしまいます。

プレリリース版2.3.1

Local by Flywhoeelのサポートサイトに2.3.1プレリリース版があります。(2018.6)
これをインストールして治る場合もあるようです。
 
Local by Flywheel
Community support and discussion for Local by Flywheel
上記のサポートサイトで解決方法を見つけます。右上に、検索アイコンがあるので、検索して翻訳ソフトでなんとか解読します。
 
 

アンインストールソフトで削除

普通にアンインストールしてもダメだとわかったので(4回実行)ソフトにたよることに。

使用したソフトは、Revo Uninstaller2.05です。フリーの無料版です。

ダウンロードとか、インストール方法・日本語化・使い方などは下記サイトで詳しく説明してあるので便利です。

Revo Uninstaller の使い方
Revo Uninstaller の使い方。

実行したこと

  1. フォルダの削除
  2. レジストリ完全削除
  3. 再起動後に、残ったフォルダも削除

このアンインストールソフトで完全削除してからだと、無事にインストール出来ました。

まとめ

Local by Flywheelは、virtualboxも一緒にインストールされているので、かなり複雑です。

最終的には、アンインストールソフトにたよるのが簡単で速いようです。

Missing hostsエラー対処方法に関する記事は以下でどうぞ

Local by FlywheelのインストールエラーとMissing hostsエラー対処方法
Wordpressのローカル環境構築のために、Local by Flywheelをインストールしました。 インストールの時のエラー対処...
スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする