cco写真検索の決定版「Visual Hunt」

皆さん、ブログでの写真とか何を使ってますか?

私の場合には、自分で撮影したもの以外は、著作権フリーの写真を使ってます。 最初は、日本語サイトの写真を使っていたのですが、今ではvisualhuntだけになりました。

3億5000万枚以上の写真があり、CCOの著作者ができる限りの権利を放棄した作品が、とてもわかりやすく検索できるようになっています。

今回は、Visual Huntの紹介です。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

なんで、ワールドワイドにクレジット??

ずっと、思ってました。写真にクレジット機能って何??

なんで、写真買うのにクレジット番号をワールドワイドに公表しなくちゃならんのか????

そんなことする人いるの~??   ( ゚Ω゚) ポカーン

まっ、しらん人のおっさんの考えですね (๑´ڡ`๑)

CCOとは

著作権というのは少しわかってきました。

特に写真について掲載して良いのかどうか、わからないのでとりあえず、読んでみました。

写真の記事に良く出てくるCCO自体なのことやら???

で、本家本元をみました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組…

いやいや、クリエイティブとコモンズの意味もちゃんと書いて欲しいなあ~。

横文字わかんないんすよ (*;;´ω`*)ゞンー・・・?

クリエイティブとは

でね、自分でぐぐってみるとクリエイティブとは創造的である。独創的な などなど

コモンズとは

参考 コモンズ – Wikipedia

上を見ると、全然わからんかった (*「・ω・)?

コモンズ(Commons)とは、日本語でいう入合(いりあい)の英訳

(Wikipediaより引用してます)

入会って、いりあいと書くから、わからんかったけれど今、気がついた。

にゅうかいと読んだら、少しだけ意味がわかってきた。

創造性を有する物の著作権を守る会みたいな感じでですかな。

これまた、貼り付けると怒られそうなので何が正しい方法で良いのか、わからないので自分で勝手に解釈しました。

引用元をちゃんと、明記すれば良いの??

これについても、勉強して記事にしたいと思います。

CCライセンスの種類

作品を利用(再配布やリミックス作品の公開、実演等)するための条件は4種類あります。

by.large 表示 nc-jp.large 非営利
作品のクレジットを表示すること 営利目的での利用をしないこと
nd.large 改変禁止 sa.large 継承
元の作品を改変しないこと 元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開すること

出典 https://creativecommons.jp/licenses/

上のようなマークがいっぱい出てくるのですがそんなマークみたことないしなあ。

〇の中にCCの文字が…………….????

画像も、貼っていいものやら、どうやらわかんないので貼り付けてないです。

ちなみにぱくたそとか

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

  みてみたのですが、どこにマークがあるのやら??

これから、気をつけてみておきます。

visualhuntの紹介

 なんで、また詳しく勉強しだしたかと言うとグーグルアドセンスの審査を受けるために写真の修正をやっているからです。

良く分からずに、写真とか貼り付けてはいけませんね。

そこで、初心者にも分かりやすく使いやすいVisual Huntにたどりついた訳です。

Visual Hunt
High quality free stock photos in one place. 354 Million Free Stock Photos.

この、赤い化け物みたいなのが、何生物なのか物凄く毎回気になっているのですがなんなんでしょうね~

と、足の数を数えたら8本だったのでタコなの????   謎の生物です  (*「´・ェ・`)?

こちらの凄い所は、日本語で入力しても、ちゃんと出ることです。

これは、「自転車」と入力しています。

f:id:jr0704japan:20170424140422j:plain

英語で入力して検索するほうが沢山でます。

そして、色を選択して検索すると左上の色の並んでいる所ね~

今回は、左から2番目のオレンジ色をクリックしてみました。

すると、どうでしょう!こんな感じに

f:id:jr0704japan:20170424140956j:plain

わりと、オレンジ色の画像が出てきます!

これならば、自分のイメージする画像が簡単に検索できるので凄いですよね~

クレジットの場合には

写真を検索して、クリックすると写真の詳細がでます。

右側にライセンスについての表記があります。

f:id:jr0704japan:20170424143157p:plain

これは商用利用不可の画像を選択した画面なのですが、「Check license」の部分にその写真のクリエイティブ・コモンズが表示されています。

  1. Attribution Required     要クレジットの明記
  2. No Commercial Use   商用利用不可
  3. No Modifications            改変不可

Copy and paste this code under photo or at the bottom of your post (HTML):

WORDPRESSで使用する場合

1  Attribute Photoの部分をwordpressのキャプションにコピーして貼り付けます

2 WordPress Visual Editorをwordpressの代替オプションに貼り付けます。

WORDPRESSの画像詳細画面でAttribute PhotoとWordpress Visual Editorの内容を貼り付けます。

ブログでは、こんな感じに代替テキストの部分が表示されます。

商用OKの場合の表記

写真をクリックして以下の表示だったら、クレジット表記もいらないCCO画像だとすぐにわかります。

commercial  use  ok

modification ok  と でてます。複数形。(部分的)変更、 修正 ok

まとめ

すでに貼ってしまった写真がクレジット表記をしなくて良いCCO画像かどうなのかを調べる方法がわかんなくて困ってます。

グーグル検索の中に写真をドロップして、出るか確かめろとかの記事はみたのですが一発でわかる方法が載ってなくて結局、一枚ずつ確認しなければならないという。

これからは、VISUAL HUNTを使ってCCO画像と著作権のある写真を使い分けて使用していきたいと思います。

この記事のアイキャッチ画像も visualhunt使ってます。クオリティが凄い!
スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする