カスタマイズ中です。表示がみだれる場合があります。

Googleストリートビューをブログに埋め込む方法

WordPress
Photo on Visualhunt.com

景色や場所を説明したい場合にGoogleストリートビューで見て貰うとわかりやすいです。

ストリートビューで見えている画面をキャプッチャーしてブログなどに貼り込むと、それは規約違反となるので注意しましょう。

最近は、お店の中もストリートビューの機能で見れるようになってますね。

 

スポンサーリンク

ストリートビューの埋め込み

まずは、グーグルマップを開きます。

  1. 見せたい場所の地図を表示します。
  2. 右下の人形マークをドラックして、道路に動かします。

 

人形を道路の上にドラックするのではなくて、人形の下に見える●を道路に合わせます。
道路にあってない時には、●ではなくて緑色で黒い円のマークが大きくなったり、小さくなったりしています。
 
道路に●がのると下側に付近の画像が出ます。
画像が出たら、ドラック終了です。

 

左上の縦に点3つの部分をクリックします。

点3つの部分がメニューになっています。

 

画像を共有または埋め込む をクリック

 

地図を埋め込む をクリック

リンクを送信するをクリックすると、FacebookやTwitterの投稿画面に埋め込めます。

 

共有

    1. 地図を埋め込むをクリック
    2. HTMLをコピーをクリック

埋め込むサイズは、大・中・小と変更することが出来ます。

 

WORDPRESSのテキストに貼りつけ

WordPressの場合には、テキスト画面に貼りつけます。

パソコンだとマウスでドラックして画面を変えます。
スマホだと指で動かすことが出来ます。
 

グーグルマップをブログに埋め込む方法

まずは、グーグルマップを開きます。

埋め込みたい場所を表示します。

左上のメニューをクリックします。

 

地図を共有または埋め込むをクリック

 

共有

ポップアップされた画面が出ます。

  1. 地図を埋め込むをクリック
  2. HTMLをコピーをクリック

 

埋め込むサイズは、大・中・小と変更することが出来ます。

 

WORDPRESSのテキストに貼りつけ

WordPressの場合には、テキスト画面に貼りつけます。

 

スポンサーリンク

まとめ

以前は、画像を貼り込むという機能があったのですが、現在は埋め込むだけになっているようです。

Googleの場合には、色々と仕様が変わるので注意しないとけいません。

店の中を見れるストリートビューもあるのでインプレ記事などで使用すると良いと思います。

 

コメント