カスタマイズ中です。表示がみだれる場合があります。

観光列車「伊予灘物語」たまには列車の旅もよいかも

ブログ

観光列車「伊予灘物語」に乗ってきました。

四国愛媛県の松山から伊予大洲までの2時間の旅です。

伊予灘物語という列車の旅で今年で4年目だとか。そのレポです。

 

スポンサーリンク

「伊予灘物語」のはじまり

http://iyonadamonogatari.com/

伊予物語は4つの旅が選べる観光列車。

  • 土日祝日の運行
  • 1日2往復
  • 2両編成
  • 1号車 夕日を連想させる「茜色」で和風
  • 2号車 太陽や柑橘類の輝きを表す「黄金色」で洋風
  • 食事は予約が必要

 

旅の種類
  1.  大洲編(自社農園の野菜を使ったモーニングプレート2500円)
  2. 双海編(地元素材を使ったランチボックス4500円)
  3. 八幡浜編(フランス料理を松花堂弁当4500円)
  4. 道後編(予約制の食事はなし)

 

今回乗ったのは朝の「大洲編」

  1. 松山駅から伊予大洲駅
  2. 8:25分発 下灘で8分停車 10:28分着
  3. 1,930円 (運賃950円+料金980円)

 

とにかく予約の取りにくい観光列車のようで、なんとか4人分の席が取れたのは朝の行きだけでした。

 

運賃は指定席の料金も入った値段となります。食事は予約制で料金別です。

 

【キューブパンでモーニングプレート】

サラダは、色々な食材が入っていて、ナカナカ美味でした。

  • さつま芋と黒ゴマのキューブパン
  • かぼちゃのクリーミースープ かぼちゃの種
  • 秋の吹き寄せ風 ローストビーフサラダ 自家製ドレッシング
  • 契約農家奥村さんの安心安全な生野菜サラダ
  • 季節のフルーツ二種
  • ホットコーヒー

 

4人掛けのテーブルは下が畳になっていて足も延ばせます。

 

食事しながらの車窓の景色も、海岸線に出るととても絵になります。

 

沿線の皆さんの期待の表れか、各駅では市民の皆さんの歓迎の出迎えが沢山ありました。

「猫の駅長」の出迎えもあり。駅長はどうでもいいや、みたいな顔してましたけど。

 

こちらは2号車の「黄金の章」 洋風ですね。

 

ダイニングカウンターもあり、飲み物やケーキなどの販売もありました。

 

2号車の展示コーナー

 

車内でのお土産販売もあり。

女性スタッフは4人。

 

伊予線に平行している道路は「ゆうやけこやけライン」と呼ばれています。私が見ただけでも10数台のサイクリストが走ってました。
踏切で止まっているサイクリストは、列車から皆が手を振るので手を振らざるを得なくなる^^;

2時間の列車の旅はあっと言う間でした。豪華寝台列車とかは乗れないけれども、こんな観光列車だったら、また乗ってみたいです。今度は、是非夕日が見える帰りの「道後編」に乗りたいですね。

 

スポンサーリンク

大洲観光は

伊予物語の旅の終点での観光は、おすすめの臥龍山荘。

 

奥の離れのも良い感じ。

 

そこからの眺めは最高でした。ここで酒でも飲みながらお食事出来たらいいんですけど~。

 

伊予の小京都といわれる赤レンガの道を歩いて~

 

大洲城観光。中は急こう配の階段あります。

 

階段上がって、暑くなった所で見る景色は風が凄く吹いて汗も吹き飛びました。

伊予灘物語の観光列車と大洲観光で久々に家族サービスが出来た一日でした。
たまには、自転車ばっかり乗ってないでサービスもしとかないといけないですもんね。
と、行っても企画手配は全部カミサンと娘でしたけど^^;

コメント