「肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました」を読んで

これマンガなんです。ですから私は30分くらいで読めました。数々のダイエットに失敗して105kgになった私の全部♡実体験。だそうです。1年で50キロというと、1カ月で約4キロ減って行った計算になりますけど、あまり緩やかなダイエットとは言えないですね。どうやったの~?

ただ、糖質制限はされているのですが、腹いっぱい食べて痩せられたようです。単なる糖質制限だけでなくてMEC食というのをやられてました。これなら計算もいらないし、なんか出来そうな感じです。

さて、MEC食とはなんなんでしょうか~

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

作者はプロのマンガ家さん

椎名マキさんは、小学校時代からプロの漫画家を目指していて、「別冊マーガレット」の「別マ MANGA GP ザ★デビュー」に入選してプロとなった方です。子供の頃から超がつく肥満児で、30歳のときにはついに100kgオーバー。

2012年に105kgの高度肥満で重度の2型糖尿病を発症。ついに入院となったそうです。では、入院による治療で治ったのかというとそうではないようで~。

少しだけ紹介すると

本の背表紙だけ紹介すると

  • ザ☆暴飲暴食30年!!
  • 不治の病に冒されていた!
  • デブは万病のもと
  • そんなワケで、入院
  • 入院しても痩せねえ!!
  • 犯人は糖質、オマエだ!!
  • 「カロリーダイエット」の落とし穴
  • いざ、MEC食! しっかり食べて痩せよう!
  • MEC食でキレイも手に入る
  • 「ヘルシー信仰」を捨てるのだ!
  • 痩せすぎに気をつけて!

これらがマンガなのでサラサラサラっと読めてしまいました。

糖質制限は結構きびしいのか

糖質をただ単に制限するのは、作者のマキさんには厳しかったようです。

糖質制限の段階とかやり方にも色々とあって、

  • スーパー糖質制限 1日当たり50グラムまでしか糖質が取れません。
  • スタンダード糖質制限 1日当たり50~100グラム

スーパー糖質制限となると主食はないと言われています。それって何食べるの?  となりますよね。計算も大変です。作者も70キロ台で停滞する時期があったようです。それと順調に体重は減っているのですけれども、身体の各部に不調があらわれたそうです。

不調一覧

  • ひどい冷え性 とにかく寒い
  • 立ちくらみ
  • 血尿
  • 低血圧
  • 生理不順
  • 便秘
  • etc

そこで出会ったのがMEC食だったようです。

MEC食とは

MEC食はメックと読むそうです。具体的には

  1. MECは肉(Meat)、卵(Eggs)、チーズ(Cheese)の頭文字です。
  2. 肉200g  卵3個 チーズ120gを毎日食べる
  3. 1口いれたら箸をおいて30回かむ

なんと、動物性たんぱく質と脂質をたっぷりと食べる! と、なっています。なんか従来の考えとはガラッと変わってますね。卵とチーズはなんとかなるとして、肉200グラムは結構な量なような~。でも1日でですからね。習慣にしないといけないのは、「1口いれたら30回かむ」でしょうか。早食いの人は結構きついかも。私もですけど^^;

健康にキレイにダイエットできる

本の裏表紙にかいてあるMEC美人完成図があります。
必要な栄養を摂っているから髪ツヤツヤ・肌しっとりメリハリボディ

  • 頭スッキリ・集中力アップ
  • 髪ツヤツヤ
  • まつ毛伸びる
  • クッキリ鎖骨
  • バストアップ(カップアップするよ!)
  • 歯医者いらず
  • しっとり肌
  • くびれバッチリ
  • ヒップアップ
  • 体ポカポカ
  • ピンク色の健康な爪
  • 生理不順やPMSの改善
  • むくみ解消!

まあ、実際に痩せられているのでホントウなんでしょうね!

これらのダイエットを食事から支えている医療機関もあるようです。実は、身内の働く病院のお医者さんが自ら人体実験して成功しているようです。そこで、少し興味を示すとこんな本が勝手に「読め!」と指令がくる訳なんです(笑い)

まとめ

普通の糖質制限はむつかしそうですけれども、これなら私でも出来るような気がします。まあ、私は痩せる目的とかはないのですが、若干腹が出てきているので腹筋が割れるようになりたい。MEG食を実践した80歳のおじいちゃんが腹筋が割れたそうなので、あやかりたいものです。

ただ、真面目にしようとすると家族の協力と何と言っても肉ですから、高いんですよね。結局炭水化物って安いから皆さん食べてる訳でして。ただ、これまで常識だったことが常識でなくなってきている今の世の中。科学が進化すると様々なことがわかってきます。この食生活の問題についても、太古の昔に帰ってみれば糖質なんてなかったのですから現代特有の問題かもしれないですね。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする