糖質制限を続けた結果その1 ダイエット目的なら成功

Photo on Visual hunt

昨年の11月くらいからでしょうか、プチ糖質制限を実行していました。

完全な糖質制限となると1回の食事で糖分が20g以下にしないといけません。

茶碗一杯のごはんで50gあるのだから、それは難しいですよね。

なので、ゆるやかな気持ちだけのプチ糖質制限をしていたのです。

ただ、私の場合、ここにきて失敗したなという点が2点あります。

それについて報告して、皆さんには私と同じ失敗をしないように気を付けて貰いたいと思います。

糖質制限のおさらい

食事の糖質の制限量によって、呼ばれかたが違います。

1食当たりの糖質の量で分けられています。

スーパー糖質制限

  1. 1食あたり糖質10〜20g以下
  2. 1日あたり糖質30〜60g以下が目安
  3. 朝・昼・晩全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べない

糖質を摂らないので血糖値の上昇がありません。血糖値スパイクと言われるものですね。ダイエット効果が極めて高い方法です。

スタンダード糖質制限

  1. 1食あたり糖質50〜60g以下
  2. 1日あたり糖質70〜100g以下が目安

朝・昼・晩3食のうち、主食で糖質を摂る時は玄米や全粒粉パンなど精製度の低いものを中心に選びます。
配分によって糖質の調整が出来るやり方です。

プチ糖質制限

  1. 1食あたり糖質50〜60g以下、
  2. 1日あたり110〜140g以下が目安です。

プチ糖質制限食は結構簡単に出来る方法です。
主食で糖質を摂る時は玄米や全粒粉パンなど精製度の低いものを中心に選びます。

このうち私がしているのは、プチ糖質制限です。

  • 朝食は食パン
  • 昼食は弁当または白米は抜き
  • 夕食 白米は抜き

糖質制限する前の疑問
  • 少し腹が出てきた
  • 自転車のパワーウェイトレシオを上げたい
  • 糖質を抜いて、疲れが出ないのか
  • アンチエイチングにも効果があるのか
  • 認知症にもきくらしい。物忘れがなくなるか^^;
  • がん細胞はブドウ糖だけをエネルギー源としている。ケトン体質になるとガンにならないのか
  • 昼飯食べてから眠たくなくなるのか
  • 活性酸素がおさえられて疲れが少なくなるのか。運動後の疲労度は
  • 腹筋を割りたい。出来たら2パックよりも4パックくらい。
  • ハンガーノックは糖質制限すると無くなるというのはホントウか

検証結果

半年続けて、わかったことだけ書いて見ます。
  • 腹はへっこみました。見事に。
  • 2週間目くらいにあった疲労感はなくなりました。
  • 物忘れはかわらない^^;
  • ガンにはなってない
  • 昼に御飯(こめ)を食べないと眠くなりません。
  • 疲労度は少しへりました。練習量がたりないから?
  • 腹筋は割れるまではなってません。
  • ハンガーノックにはなりにくいかも。
  • 1食抜くくらいは、全く問題ない

これ以外の大きな問題点として出てきたのが、寒さが身にしみるようになったこと。

これについては、先日ついに理由がわかりました。

寒さに弱くなった原因

先週、久しぶりに体重計に乗ってみてビックリ仰天。

なんと、前回測定時から3.7kgの減少。落ち過ぎです。

体重が落ちたのは、脂肪が落ちたのもありますが筋肉も落としてしまったようです。

これについては、思い当たる節があって筋トレの重量が落ちている。

何故か、以前出来ていた重量が重たく感じて、筋トレする度に回数が落ちて行く。

なんでなんだろうと思ってました。

糖質制限失敗パータン

体重がおちる

fa-html5(fa-5x)

たんぱく質の摂取量が少ない

fa-html5(fa-5x)

筋肉が減る

fa-html5(fa-5x)

基礎代謝量が減る

fa-html5(fa-5x)

運動しても暖まらない

fa-html5(fa-5x)

寒さに耐えられない

たんぱく質がとれなかった理由

  • 肉や魚は高い。
  • シーチキンやサバ缶詰にあきた。
  • 豆腐にあきてしまった。
  • きつい運動後しかプロティンを飲んでいなかった。
  • 野菜でも腹が太る。
  • チーズも量は食べれない。

つまり運動量に対して、たんぱく質の摂取量が足りなかったために筋肉が落ちたんです。

だから、いくら寒さの対策をしても暖かくならない訳ですよね。

ダイエットなら成功

ダイエットとしてみると、大成功ですよね。

数か月で5キロくらい痩せたのですから。

175センチ 61キロから56キロまで痩せてしまいました。

夕食でご飯(精米)を食べなかったのと、少し甘い物を控えたくらいです。

この冬の寒さ対策

まあ、なにやっても寒かった原因がわかったので、今度は次の冬の対策しないといけません。

寒くなるまで6カ月はあるので、それまでに落ちた筋肉を戻さないといけません。

具体的にわかるのは、ベンチプレスの重量ですね。

それから、背中の筋トレが出来るようになること。今は、まだ腰の上部が痛くてベントオーバーローイングやデッドリフトが出来てないです。

まとめ

Photo on VisualHunt.com

Photo on VisualHunt.com

糖質制限で気をつけなければならいない項目の一つとして、たんぱく質の摂取量は書かれてました。糖質をへらしても、たんぱく質の量は減らしてはいけないと。
体重計に月に一度くらいは乗っていれば、もっと早く気付いたかもしれません。

まずは、筋トレに力をいれて筋肉を回復させようと思います。

ダイエット目的の人だったらプチ糖質制限はオススメです。夕方のご飯を一口減らすだけでも大きな効果があると思います。
スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする