iPhone パスワードロック解除編その5

新たな、エラー9006

エラー9006が表示されたのは、DFUモードで別パソコンにつないで復元している

時でした。

okをクリックします。

新たな、エラーが….

でも、このエラー番号ですがappleのサポートの

iTunes のエラーコードを調べる
iTunes をお使いの際に、特定のエラーコードが記載された警告メッセージが表示される場合があります。詳しい対処法を調べるには、該当するエラーコードを以下から探してください。

上には、このエラー番号の説明はありませんでした。

ウイルス対策ソフトを無効に

そこで、アバストアンチウイルスソフトを1時間無効にして

やってみました。

結果は、再度エラー9006です。

変わらないですが、以下のエラー番号をみても、どうもセキュリティソフトのような

感じですかねえ~

で、アバストを再起動まで無効にして、2時間まったのですが

今度はエラーが出ませんでしたが、こっちが根負けして

はずしてしまいました ƪ(Ơ̴̴̴̴̴̴͡.̮Ơ̴̴͡)ʃ

DFUモードとは

DFUモードというのは、リカバリーモードとは違って

appleのサポートサイトには全く出ていません。

非公式みたいですね!  appleにはこんなの多いのですかねえ~。

Device Firmware Update(ディバイスファームウェアアップデート)

の英語の頭文字をとっていて、DFUとよんでるんですね。

iTunes側からiPhoneを制御するので、

もう復元することは難しくて、iphonが初期化されてしまいます。

バックアップがあるのならば、一度まっさらにしてから

再度、つなげて戻せば良いので、何はともあれ

初期化する場合には必要となりますね!

iPhoneをDFUモードにする方法

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

iTunesは起動していていいですよ。

iPhoneのホームボタンとスリープボタンを同時に長押しします。

10秒程度押し続けたら、スリープボタンだけを離します。

ここが、中々覚えられない所ですよね。

ついつい、どうだったっけ

と、反対側のホームボタンを離してしまいますから

私は、メモを見ながらがやりました。

ホームボタンはそのまま長押したままにします。

iTunesのほうで『iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります』

というメッセージボックスが表示されたら、もう手を離して大丈夫です。

エラーコード9006の説明

エラーコード[2][4][6][9][1611][9006]PCにインストールされているセキュリティソフトが原因。

セキュリティソフトを一時的に中断してから再試行すること。

気なるのは、二つのパソコンで試しているのですが、

iTunesのバックアップの入っているほうのパソコンでは、ソフトウェアを抽出の画面が出て最後にエラー3194が出るのです。

新規にiTunesをインストールしたパソコンでは、全く動いてなくて突然

最後にエラー9006が出ます。

その違いはなんなんでしょうか??

おっさんの理解の範囲を

はるかに越えてます。°・(>O<)・°。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け