ポイント交換報告とPEXサイトの紹介

今年の最初のポイントサイトの現金化となりましたので報告です。

これまでも、ポイントサイトの獲得得点がある程度に溜まったら、ポイントのまとめサイトのpexに集めてました。

まあ、塵も積もればといった感じでしょうか、ある程度の現金化が出来ました。時給計算はしないですけど^^:

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

ポイントまとめサイトPEXの概要

私の場合、各ポイントサイトで集めたポイントをPEXというサイトにポイントを集約しています。そして、それらをまとめて一括してから現金化しています。これだと、ポイントを交換する時に発生する手数料を押さえる事が出来るのでお得です。

では、PEXとはどんなサイトなのか見てみましょう。

PeXとは | ポイント交換のPeX
PeXは日本最大級のポイント交換サイトです。初めてご利用の方へPeXの基本の使い方とメリットをご紹介します

上のリンクをクリックすると、最初に目にするのは

PeXは日本最大級のポイント交換サイトです。

まさに、その通りで各サイトで貯めたポイントは一つずつでは、大したポイントにはなってないのです。ですが、それらを一つにまとめることによって、ある程度のポイント数となってくるわけです。

PEXサイトの基本の使い方

① 各サイトのポイントをPEXに集めることが一つ目の作業となります。

私の場合には

ECナビ

ポイントタウン

ハピタス

マクロミル

GET MONEY

などです。

それぞれのサイトでの獲得ポイントは知れてます。これを各サイトのポイント数が溜まったなあと思った時に、PEXにまとめるのです。

提携先ポイントサイトは

提携先のポイントサイトや、モニターサイト、アンケートサイトは100箇所以上あるので代表的なサイトは、ほぼ網羅していると思います。

PEXの場合1年に1回ログインしておけばポイント失効はないので、その点も期限を気にする事がないので安心です。

PEXに対応していないサイト

私の使用しているサイトで唯一PEXに対応していないのは、ポトラです。

ここだけは、直接楽天銀行に現金化しています。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎならPotora
Potora(ポトラ)は、NTTグループが運営する安心・安全なポイントサイトです。いつものお買い物やゲームやアンケートなどでポイントが貯まって、現金やAmazonギフト券、Tポイント他多数に交換できます。Potoraで今すぐ無料でお小遣い稼ぎをスタートしよう!

PEXサイト内でもポイント獲得

② PEX内でもポイントを貯めることが出来ます。

PEXのサイト内に毎日ポイントが貯められるコンテンツがあります。

これがPCサイトと携帯サイトがあるので、両方で貯めることができます。

まあ、空き時間などの暇つぶしにもなりますね!

PEXポイントの交換先

③ PEXでまとめたポイントが溜まってきたら、いよいよPEXポイントの交換です。

PEXポイントの交換先は

まず、銀行はすべての銀行に現金化して振込可能です。

その他の電子マネーにも対応しているので、自分に好都合の交換先を見つけることが可能ですね!

Amazonギフト券のように、交換先のレートが得になる場合もあります。

Amazonギフト券100円分は990P(99円分)で、ニッセンお買物券550円分は5,000P(500円分)で交換できたり、楽天銀行・住信SBI銀行は振込手数料が1回50円!PeXを通して交換する方が断然お得です!

各サイトから交換するよりも、PEXでまとめてから交換する方が、手数料が一度で済むので断然お得ですよね。

貯まったPeXポイントは、10ポイント=1円で交換となります。

今回の主な交換ポイント

2017年7月交換分の主なサイトからの交換ポイント数です。

約300,000ポイント溜まったので、楽天銀行で3万円に現金化しました。

ECナビと、ポイントタウンが貢献してますね!

交換日数などまったくかからず、あっという間に振り込まれてました。これは、いつなんだろうと考えなくて良いのでとてもいいですね!

まとめ

時間給とかで計算すると、嫌になるほどの効率の悪さかもしれないですね。ですけど、自宅や外出先の空き時間で、手軽に出来るので時間つぶしにはなりますし、クリックしたりするだけで良いので、その点は良いでしょうね。

今回、私の場合には3万円にもなったので結構お小遣いとしては嬉しい金額です。すぐに無くなりますけどね。

沢山ポイントサイトで稼いでいる人は、ポイントサイトの紹介をして登録して貰って、登録したユーザーが獲得したポイントの何割かが、その親ユーザーに入るという仕組みを利用しているようです。そこらへんも、これから検証して行きたいと思います。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする